スーパーカマグラの併用禁忌

スーパーカマグラは医薬品なので、薬によっては飲み合わせが悪く、お互いの作用を高めすぎてしまうことがあります。

思わぬ副作用を引き起こさないためにも、常用している薬などが該当しないかきちんとチェックしておきましょう。

スーパーカマグラの併用禁忌

スーパーカマグラを服用できない人

スーパーカマグラの併用禁忌は心血管系に作用する薬が多いので、特に持病で投薬中の人は要注意。

これらの薬と併用すると、血圧を下げすぎてしまって危険な状態になってしまうリスクがあります。

スーパーカマグラを服用できない人について解説をしていきますので、順にチェックしてみてください。

<スーパーカマグラを服用できない人>

【1】バイアグラの成分に過敏症の既往歴がある人

国内外の臨床試験でかゆみや発疹などの因果関係が報告されているため、有効成分のシルデナフィルに対して過敏症の疑いがあると服用できません。

【2】硝酸剤もしくは一酸化窒素(no)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中である人

これらの薬は有効成分シルデナフィルと同じようにPDE5を阻害することが認められていて、血圧低下を増強してしまいます。場合によっては死亡事故につながる恐れもあるため服用できません。

【3】心血管系障害をもっていて、性行為が不適当だと考えられる人

セックスをするときは心拍数や血圧などが上がるため、既往歴として過去6カ月以内に心不全や狭心症などを発症した患者の服用は不適当だとされています。

【4】重度の肝機能障害のある人

過去の投薬試験で、重度の肝機能障害を持っている人は便の排出が遅く、血中濃度が高くなりすぎたという結果になった。したがって、重度の肝機能障害がある人は服用できません。

【5】低血圧の人

有効成分シルデナフィルの作用によって血圧が下がりすぎて脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが上がるため服用できません。

【6】脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内にある人

脳血管障害後の人では、血圧の変化に対して脳循環を一定に保つことができず、血圧の下降が脳循環の低下に結びつくリスクがあります。

セックスがそもそも心臓に負担をかけてしまうため、心筋梗塞については行為そのものにリスクがあるので服用も不適当だとされています。

【7】塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の人

有効成分シルデナフィルとの併用により心拍数に異変が起こり、失神や心臓突然死の原因になってしまうリスクがあるため服用できません。

スーパーカマグラの服用に注意が必要な人

 

スーパーカマグラを服用するにあたって注意が必要な人がいます。

未成年

有効成分シルデナフィルの臨床実験が成人以上の男性しかターゲットになっていないので、服用したときの安全性が保証されていません。

陰茎に何かしらのダメージがある

陰茎に外傷があったり、ペロニー病などで陰茎が硬化してしまっていたりすると、スーパーカマグラの服用によってセックス時に痛みを伴うリスクがあります。

対策としては服用量を少なくすることによって効果量を調整し、身体への負担を減らすことが大切です。

高齢者(65歳以上が目安)

高齢者は腎臓の機能が低下していて、老廃物を排出しづらくなっています。つまり代謝が遅れることによって有効成分シルデナフィルの血中濃度が上がりすぎてしまうリスクがあります。

したがって思わぬ副作用や重篤な症状を引き起こしかねないため、服用量の調整は必須です。

投稿日:

Copyright© スーパーカマグラisパーフェクトofED治療薬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.